規律・フェアープレー委員会  
平成26年度


規律・フェアープレー報告書   懲罰基準

   
JFA行動規範
@【最善の努力】   どんな状況でも、勝利するため、またひとつのゴールの為に、最後まで全力を尽くしてプレーする。
A【フェアープレー】 フェアープレーの精神を理解し、あらゆる面でフェアーな行動を心がける。
B【ルールの尊守】  ルールを守り、ルールの精神に従って行動する。
C【相手の尊重】   対戦チームのプレーヤーやレフェリーなどにも、友情と尊敬を持って接する。
D【勝敗の受容】   勝利のときに慎みを忘れず、また敗戦も、誇りある態度で受け入れる。
E【仲間の拡大】   サッカーの仲間を増やすことに努める。
F【環境の改善】   サッカーの環境をより良いものとするために努力する。
G【責任ある行動】  社会の一員として、責任ある態度と行動をとる。
H【健全な経済感覚】 あらゆる面で健全な経済感覚のもとに行動する。
I【社会悪との戦い】 薬物の乱用・差別など、スポーツの健全な発展を脅かす社会悪に対し、断固として戦う。
J【感謝と喜び】   常に感謝と喜びの気持ちを持ってサッカーに関わる。
フェアープレーの精神
 ルールを正確に理解し守る。
 ルールの精神 公平・安全・喜び。                  
 審判に敬意を払う。
 相手に敬意を払う。
平成28年度フェアープレー受賞チーム
1種 LIBERAR
2種 八鹿高校
3種 豊岡北中
4種 五荘FC
フットサル 豊岡FC
神戸協会より 但馬トレセンU-12
平成27年度フェアープレー受賞チーム
1種 S・C・R
2種 豊岡高等学校
3種 近畿大学附属豊岡中学校
4種 FC山東アンドレーナ
フットサル 村岡サンフォレスト
平成26年度フェアープレー受賞チーム
1種 パスティオリーナ出石
2種 八鹿高校
3種 浜坂中学校
4種 村岡サンフォレスト
シニア 関宮FC
平成25年度フェアープレー受賞チーム
1種 豊岡FCストークス
2種 浜坂高校
3種
4種  
フットサル 五荘FC(4種)
平成23年度フェアープレー受賞チーム 
1種 S・C・R
2種 豊岡総合高等学校サッカー部
3種 近大附属豊岡中学校
4種 五荘フットボールクラブ
平成22年度フェアープレー受賞チーム
1種 Booby Trap F.C
2種 豊岡総合高等学校サッカー部
3種 近畿大学附属豊岡中学校サッカー部
4種 浜坂Jrサッカークラブ マリンキッズ
平成21年度フェアープレー受賞チーム
1種 日高FC
2種 豊岡総合高等学校サッカー部
3種 浜坂中学校サッカー部
4種 朝来FC・大屋FC
平成20年度フェアープレー受賞チーム
1種 SCR
2種 和田山高等学校サッカー部
3種 浜坂中学校サッカー部
4種 豊岡FC・朝来FC
第32回全日本少年サッカー大会 兵庫県大会 6/14・15@但馬ドーム
グッドマナー賞
但馬サッカークラブリベルテ
フェアープレー賞

批判ばかりされた 子どもは
非難することを おぼえる
殴られて大きくなった子どもは
力にたよることを おぼえる
笑いものにされた 子どもは
ものを言わずにいることを おぼえる
皮肉にさらされた 子どもは
鈍い良心の もちぬしとなる
しかし、激励をうけた 子どもは
自信を おぼえる
寛容にであった 子どもは
忍耐を おぼえる
賞賛をうけた 子どもは
評価することを おぼえる
フェアープレーを経験した 子どもは
公正を おぼえる
友情を知る 子どもは
親切を おぼえる
安心を経験した 子どもは
信頼を おぼえる
可愛がられ 抱きしめられた 子どもは
世界中の愛情を 感じることを おぼえる
上記の詩はアメリカの家庭教育学者、ドロシー・ロー・ノルト氏の『子は親の鏡』(Childen Learn What They Live)という言葉です。子どもは自分が生きているとおりをを学ぶという意味のタイトルです。日本でも『子どもが育つ魔法の言葉』の著者として有名な人の詩であり、その本にも原文から直接の翻訳も掲載されています。ここで引用したのはスウェーデンの中学校の教科書『あなた自身の社会』(村上邦夫訳)に引用されたものです。


左側にフレームが表示されていない場合は、こちらをクリックしてください。